意外に知られていない?産業医の仕事内容!

産業医は、働きやすい職場環境を作ることがポイント

産業医の仕事

企業の労働者の健康管理の指導を行うのが、産業医の仕事です。健康相談や面談を行い、安全配慮義務を行います。安全配慮義務は、労働者の生命や健康を守らなければなりません。そのために、健康管理を行い職場環境を改善していく必要があります。そんな産業医の業務内容を確認しましょう。

意外に知られていない?産業医の仕事内容!

ドクター

面談と対策

産業医は、健康診断の結果で過重労働者と診断された人に対して面談を行います。面談の結果を見て、労働者が就業可能な状況かどうかを確認し、保険指導などを行なったりします。また、労働者が自覚していない、メンタル不調者のサポートも行います。サポートだけでなく、良い職場作りのアドバイスなどの対策も行います。

研修制度

労働者向けに、有料の健康研修を実施することもあります。ストレスの改善や予防方法、健康管理に関する研修などを行なっています。最近では、ハラスメントに関する研修も行われており、職場環境の改善を目指しています。職場内でも、月に一度、産業医が作業場の監査を行うこともあります。

広告募集中